最前線からのインバウンド新常識!
“観光戦国時代で勝つ”
株式会社ノットワールド 河野有/Yu Kono

第8回 満を持してプロモーション!!

ある程度商品もできて、ガイドも育ってきた。
ココで、満を持して、そして、自信を持ってプロモーションしましょう!!
ちなみに、最初にお伝えしておきますが、プロモーションに、
こうすれば絶対勝てる道というのはありません。
弊社も、いつも試行錯誤しながら、少しずつ進んでいます。
また、お金がかかることが多いのもプロモーションの特徴です。
お財布事情はいろんな例によって変わってくるかと思いますが、
弊社の場合を中心にお話ししましょう。(あまりお金がないパターンです笑)

今後の予定は、

  • 読者の疑問にお答え・未来の旅行を考える:3回
  • まとめ:1回

〜内容〜

[1] 第一に、自分がゲストだったらどうするか考え、ゲストの声に耳を傾ける

  • まずは旅人の気持ちになるべし
    ちなみに、皆さんは、ツアーを探すときに、どうやって探しますか?
    そこが一番のヒントになるかと思います。

    旅行代理店に行く、Googleで検索する、行った事がある人に聞く、などいろいろあると思います。どれもプロモーションとしては正解です。

    さらに、もう一つ要素があります。
    ゲストのアドバイスを聞くことです。
    弊社は、日々ゲストに接して、どんなことをやったらいいかな?どうやって探したの?というのを聞きながら、少しずつそれを試してきました。
    国によっても、特定のメディアがある、など状況はだいぶ変わってきます。
  • 弊社の例
    ちなみに私たちは、訪日外国人に、英語でツアーをやろうと思い、ツアーを始めました。
    始めてみると、アメリカ・カナダの北米、オーストラリア、ヨーロッパ諸国が多かったです。(英語圏の訪日客数に沿ってますね)
    当初のプロモーションとしては、とあるインバウンドセミナーにて、トリップアドバイザーが効果がある、と聞いたことでした。それを聞いたときに、まずはそれをやってみよう、と思い、愚直に取り組みました。ゲストに聞いてみたところ、それもハマってました。
    口コミがだんだん溜まってくるにつれ、少しづつゲストが増えてきています。
    食べログ、でいう、4.5くらいのお店になれているのが一番大きな要因です。(レストランなら、それくらいになると、お客さんは尽きないですよね。弊社はまだまだなのですが。。)

[2] ゲストの気持ちになって散らかしてみよう!

先ほど、トリップアドバイザーの話をしましたが、弊社の中では、OTAはやはり非常に大きな集客源です。
ただ、いったん最初にもどって、ゲストの気持ちになって考えてみましょう。
どうやってツアーを探しますか???

私がゲストなら、とりあえず、Googleに打ち込みます。例えば、”Tokyo tour”などです。
そこには、どんな結果が上がってきますでしょうか。

多くが、Tripadvisor/Viator、Getyourguide、VeltraなどのOTAと呼ばれる、Online Travel Agentであることがわかります。OTAは巨大で、例えば、ヨーロッパに強いGetyourguideは、今年5億ユーロを調達、アジアに強いKLOOKは、248億円の調達をしています。
彼らと競っても、資金力では、なかなか勝てません。うまく利用して販売する方法を考えるのがまずは一番効率的かと思います。
OTAにも、たくさんありますね。Tripadvisor、Getyourguide、Expedia、Airbnbなどなどなど。ターゲットに合わせて選んでいきましょう。
ちなみに、OTAは、20-30%程度の販売手数料がかかってきます。長所は、自分がリスクを負わなくていい、という点です。売れた分から手数料を抜かれるだけなのです。ただ、欠点は、OTAがルールを変えると、影響が非常に大きい、という事があります。

我々はOTAの最適化に取り組みつつ、どうやって自社サイトにゲストに来てもらうか、という点を考えています。現在のチャレンジ事項です。
自社サイトで買っていただけた方が、手数料も取られないですし、クロスセルなどもやりやすくなります。そのために、どんな方法があるか、ちょっと散らかして考えてみましょう。
例えば、こんな感じでしょうか。

  • 広告
    Google、FB、Youtube広告を出してみる
    メディア(雑誌、Website)にて、純広告・タイアップ広告
    PR(記事依頼)
  • インフルエンサー・SNS
    Youtuberへの取材依頼
    FBインフルエンサー、Instagramerへの依頼
  • Owned mediaを育てる
    自社でゲストの役に立つブログをかく
    SNS運用
    メルマガ
  • 他企業とのコラボ
    海外の旅行会社にアプローチする
    旅行博に出て旅行会社との関係を作る
    その他航空会社や企業と提携してみる
  • チラシ配布
    観光案内所
    ホテル
    観光地で配布

等など。

やれることはたくさんありますね。
この中から、価値がありそうで、コストが低めのものから順番に取り組んできた、というのが我々の現状です。
現状、OTAに勝る効率のよい、集客方法は見つかっていないのが情けないところ。

ちなみに、別のツアー会社さんの声を聞くと、以下のような声がありました。

  • YoutubeやWebメディアとのコラボがうまくいっている
  • Google広告で何とかペイできるようになってきた
  • 地方の場合、海外の旅行代理店が東京より影響が強い

弊社も参考にしています。

結局、ゲストと接しながら、試行錯誤してチャレンジすることが一番大事ですね!!!
そして試していく中で、これをやろう、と決めたら、やりぬく事です。

[3] 最後に、自治体の方へ

コラムの第一回とかでも書きましたが、一番お金を無駄にしがちなのが、このプロモーションです。自分はわからないから、プロに任せよう、と言って丸投げにすると、効果のない施策にお金を突っ込むことになりかねません。(もちろんプロの意見は大事ですが。)当事者意識をもって、自分が会社をやっていたら(自腹だったら)、これで買うか、と自問自答をすることを諦めないでいただきたいと思います。

すべては試行錯誤です。弊社も日々考え、勝ちパターンを見つけていきたいと思います!!

次回は、「読者の疑問にお答え・未来の旅行を考える」をお届けします。
ご期待ください!

以上

ご意見やご感想があれば何なりと連絡をください。必ずご返答差し上げます! →info@knotworld.jp

・執筆者:河野 有、ノットワールドについてはこちら